首痛の記事

枕といっても世の中にはたくさんの種類があります。
だからこそ、迷ってしまうのですが、そんな中から自分にあった
枕を選ぶポイントは大きく3つあります。

3つのポイント

 

1)枕が沈んだ状態での首の角度(枕の高さ)

  ストレートネックの方は、基本的には低めが良いとされています。
  それは、枕が高いと前向きに首が曲がり、ストレートネックの
  進行を促してしまうからです。
  起立して背筋を伸ばしている状態と同じ、自然なカーブを描く
  角度が好ましいと言えます。

  一般的に「枕が沈んだ状態」で女性は3cm弱、男性は4cmと
  言われています。
  ただし、敷布団の素材(沈み具合)によっても、理想の高さは変化します。

 

2)横向き状態での首の角度(枕の面積と凹凸)

  1に書いたとおり、仰向け状態での枕の高さは低めがいいのですが、
  同じ高さで横向きになった場合、首が落ちる状態になります。
  これも、首痛・首こりの原因になりますので、両サイドは高めに
  すると首の角度を適度に保てます。

  普通の人で一晩に20~30回寝返りを打つと言われています。
  この寝返りに十分対応できるよう肩幅以上の大きさが必要です。
  枕は、肩が少しかかるくらいの位置に乗せることが理想とされて
  いるので、それでも頭がはみ出さない程度の奥行きも必要です。

 

3)頚椎を圧迫しないかどうか(枕の硬さ・素材)

  圧迫を受けている部分は血流が悪くなり、朝起きたときの首痛や
  首こりの原因となります。
  硬すぎると直接、頚椎に圧力がかかるので適度な柔らかさが
  必要です。

  素材は、たくさん種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
  ポリエステル・そばがら・パイプストロー・低反発ウレタン・
  フェザー・ビーズ・ひのき等々。
  ここでは、紹介しきれないので別記事でおすすめ素材とともに
  それぞれのメリット・デメリットを紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

「日々の忙しさの中で、シャワーだけで済ませてませんか?」

 

「適切な温度で入浴してますか?」

 

「首痛・首こりには、半身浴じゃダメって知ってましたか?」

 

ストレートネック・首痛が悩みの方にとって、
血行を促す「入浴」はとっても重要です。
今回は、医師から教わった適切な入浴方法について紹介します!

 

忙しくてシャワーだけって方、夜お酒を飲む前に20分だけでも
湯ぶねに浸かってみてください。
入浴が与える血行促進効果は、それだけの価値があります。
短い時間でも、正しい入浴方法を実践することで効果絶大です。

 

■適切な温度とは?
血行を良くするための適切な温度は、少しぬるめのお湯
だいたい38~39度くらいが適切です。

 

■入浴時間は?
全身の血行を改善させるために必要な時間は、
だいたい20~30分が適当です。

 

■半身浴ではダメな理由とは?
ダイエット等でおススメの半身浴ですが、首や肩を冷やして
しまうので、首こり・首痛の方にはぬるめのお湯で「全身浴」
一番いいそうです。

 

■おススメの入浴剤
これは、個人的なおススメになってしまうのですが「しょうがエキス」
入った入浴剤。「しょうが」の効果は、ご存知の方も多いと思いますが、
・血行促進
・保温効果
・発汗作用
と首こり・首痛の方にはピッタリの効果です。
ダイエット・美容効果もありますし、女性にはいいこと尽くしで、
まだ試していない方には、おススメです!

 
 
 

最近では、会社で
「1日のうち、ほぼパソコンに向かっての仕事してます」って方が
とても増えていますよね。

 

特に、ノートパソコンを使っていると視線が低くなり、どうしても前のめりに
なってしまいストレートネックの方にとっては一番悪い姿勢になりがちです。
つまり、首や肩の痛みやコリが出るのも当然なんです。

 

そこで、そんな方々にぜひ試して頂きたい「職場で出来る簡単ストレッチ法
を紹介したいと思います。
ただし、人によって症状の進行具合が異なるため、調子が悪くなったり、
痛みや不快感を感じた場合には、ムリして続けずにすぐにやめて下さいね。

 

1つ目は、「首そらし運動」です。
職場では、1時間に1回くらいのペースで行うと良いそうです。

<<首そらし運動>>
1.正しい姿勢をとって、アゴを引きます。
2.その状態のまま、アゴに手を添えて首を後ろにそらします。
3.最後に天井を見上げるように、顔を上げます。

首そらし運動

 

2つ目は、「首まわりエクササイズ」です。
これは、2時間に1度くらいのペースで十分だそうです。

<<首まわりエクササイズ>>
1.まず左手を頭の上に乗せ、頭を左側に倒し、首の横筋を伸ばします。
2.同じように右手を乗せ、頭を右側に倒す。
これを片側10秒程度で1回ずつ行います。
3.左手で右胸に手を当てた状態で、左肩先を見るように首をひねります。
4.同じように右手で左胸に手を当て、右肩先を見るように首をひねります。
これを片側10秒程度で1回ずつ行います。

首まわりエクササイズ

 

3つ目は、「胸そらし体操」です。
これも、2時間に1度くらいのペースで十分だそうです。
私は、お手洗いに立ったときにやるようにしてます。

<<胸そらし体操>>
1.立った状態で、後ろに手を組みます。
2.息を大きく吸って、肩甲骨を付けるような感じで胸をそらし、
同時に顔を上げ首も後ろにそらします。
3.息をゆっくり吐きながら、戻します。これを5回程度繰り返します。

胸そらし体操

 

これだけで、首の具合は全然違いますので、ぜひ試してみてください!

 

毎日続く、首こり・首痛って本当に憂鬱ですよね。
しかも、ストレートネックが原因の場合、寝て起きれば治るものでもなく、
ホント毎日が苦痛です。

それで、ついついマッサージやエステに頼ってしまいがちですが、
それだと根本的な解決にはならないんですよね。
いずれまた同じ苦痛がやってきて、その繰返し。

ストレートネックは、日々の習慣(姿勢の悪さ等)から生まれるもの
なので、やっぱり習慣は習慣で治すことが一番だそうです。

そこで、医師から教わった家庭で出来るストレートネック解消法
をいくつか紹介したいと思います。

 

首そらし運動(1日に何度でもOK)
頚椎を本来ある角度に戻すように癖をつけるためのもので、
これを休憩時間等に繰返し行うことで、十分効果があるそうです。
カンタンなので、意識して何度も繰返し行ってみてください。

1.正しい姿勢をとって、アゴを引きます。
2.その状態のまま、アゴに手を添えて首を後ろにそらします。
3.最後に天井を見上げるように、顔を上げます。

 

カンタン脱力エクササイズ(1日に1回)
頭と首の関節を緩ませ、筋肉や神経の圧迫を軽減させることで、
血行をよくし、首や肩が軽くなります。
ただし、首はデリケートな部分なので、やりすぎはダメだそうです。

1.テニスボールを2個用意してください。
 (テニスボールの硬さがポイント。)
2.テニスボール2個をビニール袋等に入れ、あまり動かないようにします。
3.下図のようにフローリング等の硬い床にあおむけになり、
  ボールの上に頭を乗せます。
4.この状態を3分程度続けます。

エクササイズ

 

せっかく、エクササイズで軽くなった首のこりも「数時間もの睡眠中」
血行の悪くなる姿勢をとったら意味が無いので、キモチいい朝を迎えられる
枕を使いたいですね。

おススメの枕ランキングはこちらから >>

 
 

私もストレートネックかも!? 
気になる方は、カンタンな自己チェック方法ありますので
下のとおり試してみてください。

 

(1)まず、壁に背中をつけて姿勢を正して立ちます。

(2)アゴを引いた状態で後頭部が壁に接するかどうか確認してください。

 

このとき、後頭部が壁に接していない方、もしくは強引に頭を後ろへ
反らさないと接しない方は、ストレートネックの可能性が高いと言えます。

 

そもそもストレートネックは、本来ゆるやかに湾曲しているはずの
頚椎のカーブが失われ、まっすぐになっていることを指します。
頚椎のカーブは、荷重負担や衝撃をうまく分散させるように出来ていて、
このカーブが失われてしまうと、負担を分散されることができなくなります。

 

頭の重さがどのくらいあるか、ご存知でしょうか?
およそ6キロもあります。

 

頚椎のカーブが失われた場合、これだけの重さを支えるために
首や肩の筋肉には大きな負担がかかります。
この過度な負担こそが、首の痛み(こり)の原因です。
つまり、ストレートネックを改善することが、過度な負担を軽減し
悩まされ続けている「首痛・首こり」を解消へとつながります。

 

 

当サイトでは相互リンクを常時募集しております。
特に同じジャンル(ストレートネックや枕に関すること)の
相互リンクは歓迎いたします。

相互リンクをご希望の方は、まず当サイトのリンクを
貼って頂いたのち、フォームより以下の項目をご連絡ください。

ご連絡用フォームはこちらから >>

 

●サイト管理者様のメールアドレス
●貴サイト名
●貴サイトのURL
●当サイトのリンクを貼って頂いたURL

なお、当サイトへのリンクを確認できなかった場合、
または不適切なサイトと判断した場合はリンクを
お断りさせていただくことがございます。

掲載拒否理由はお答えいたしかねますので、予めご了承下さい。
なお、アダルトサイト、年齢制限のあるサイト等は発見次第、
削除させていただきます。
相互リンクの際は下記の内容をご参考下さい。

<<当サイトリンク情報>>
●リンクURL  : http://kuboseitai.jp/

●タイトル  : つらい首痛・肩こりの改善は枕選びから!
        【ストレートネックで悩む方限定】

●サイト紹介文: ストレートネック・首痛を改善!
         失敗しない枕の選び方を紹介

 

 

アバター

IT系企業に勤務の36歳主婦。首のこりがヒドくて病院に行ってみたら、ストレートネック!?ですねって、湿布を渡されただけ・・・。

首こりの症状は悪化するばかり。こうなったら、自分で調査!!