首の記事

枕といっても世の中にはたくさんの種類があります。
だからこそ、迷ってしまうのですが、そんな中から自分にあった
枕を選ぶポイントは大きく3つあります。

3つのポイント

 

1)枕が沈んだ状態での首の角度(枕の高さ)

  ストレートネックの方は、基本的には低めが良いとされています。
  それは、枕が高いと前向きに首が曲がり、ストレートネックの
  進行を促してしまうからです。
  起立して背筋を伸ばしている状態と同じ、自然なカーブを描く
  角度が好ましいと言えます。

  一般的に「枕が沈んだ状態」で女性は3cm弱、男性は4cmと
  言われています。
  ただし、敷布団の素材(沈み具合)によっても、理想の高さは変化します。

 

2)横向き状態での首の角度(枕の面積と凹凸)

  1に書いたとおり、仰向け状態での枕の高さは低めがいいのですが、
  同じ高さで横向きになった場合、首が落ちる状態になります。
  これも、首痛・首こりの原因になりますので、両サイドは高めに
  すると首の角度を適度に保てます。

  普通の人で一晩に20~30回寝返りを打つと言われています。
  この寝返りに十分対応できるよう肩幅以上の大きさが必要です。
  枕は、肩が少しかかるくらいの位置に乗せることが理想とされて
  いるので、それでも頭がはみ出さない程度の奥行きも必要です。

 

3)頚椎を圧迫しないかどうか(枕の硬さ・素材)

  圧迫を受けている部分は血流が悪くなり、朝起きたときの首痛や
  首こりの原因となります。
  硬すぎると直接、頚椎に圧力がかかるので適度な柔らかさが
  必要です。

  素材は、たくさん種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
  ポリエステル・そばがら・パイプストロー・低反発ウレタン・
  フェザー・ビーズ・ひのき等々。
  ここでは、紹介しきれないので別記事でおすすめ素材とともに
  それぞれのメリット・デメリットを紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

私もストレートネックかも!? 
気になる方は、カンタンな自己チェック方法ありますので
下のとおり試してみてください。

 

(1)まず、壁に背中をつけて姿勢を正して立ちます。

(2)アゴを引いた状態で後頭部が壁に接するかどうか確認してください。

 

このとき、後頭部が壁に接していない方、もしくは強引に頭を後ろへ
反らさないと接しない方は、ストレートネックの可能性が高いと言えます。

 

そもそもストレートネックは、本来ゆるやかに湾曲しているはずの
頚椎のカーブが失われ、まっすぐになっていることを指します。
頚椎のカーブは、荷重負担や衝撃をうまく分散させるように出来ていて、
このカーブが失われてしまうと、負担を分散されることができなくなります。

 

頭の重さがどのくらいあるか、ご存知でしょうか?
およそ6キロもあります。

 

頚椎のカーブが失われた場合、これだけの重さを支えるために
首や肩の筋肉には大きな負担がかかります。
この過度な負担こそが、首の痛み(こり)の原因です。
つまり、ストレートネックを改善することが、過度な負担を軽減し
悩まされ続けている「首痛・首こり」を解消へとつながります。

 

 

アバター

IT系企業に勤務の36歳主婦。首のこりがヒドくて病院に行ってみたら、ストレートネック!?ですねって、湿布を渡されただけ・・・。

首こりの症状は悪化するばかり。こうなったら、自分で調査!!