枕の記事

 

評価  
 ●品質自信ありの1年間返品保証
 ●クリニック院長が考案・開発に携わった
 ストレートネック専用枕
商品名 お医者さんのぐっすりまくら  ●首に負担をかけないダブルウレタン構造
商品形状
 ●マイナスイオン効果トルマリン配合
 
 (使用した感想)
 首すじにフィットし、首がきちんと
 サポートされている感じがよくわかり
 ます。
商品価格 10,500円  何より1年以内であれば、使用後でも
送料 630円  返品可能なので、まずはこちらを
素材 低反発ウレタン  試してみることをおススメします。
サイズ 56cm×32cm×10cm  
返金保証 あり(1年以内)

耐久性
洗濯 カバーのみ可
製造国 中国製

評価  
 ●ストレートネックの方にとって、最適な
 首の角度を保てる
 ●頚椎への圧力を分散するウレタン素材
商品名 六角脳枕  ●気温変化に強く、1年中同じ柔らかさ
商品形状  ●耐久性No1、枕のへたりが少ない
 
 (使用した感想)
 低めのつくりなので、ストレートネック
 の方にはピッタリです。
 私は身長156cmの体重46kgですが、
商品価格 18,900円  高さはちょうど良いぐらいでした。
送料 無料  価格は高く感じますが、枕のへたりが
素材 独自低反発ウレタン  少なく長期間使用できるのでコスパも
サイズ 50cm×35cm×7cm  イイと思いますよ。
返金保証 あり(30日以内)

耐久性
洗濯 カバーのみ可
製造国 日本製

評価  
 ●知名度、品質ともにNo1
 ●凹型構造で首筋の安定感
 ●劣化保証3年の安心品質
商品名 テンピュール
ミレニアムネックピロー
 
商品形状  
 
 (使用した感想)
 女性でストレートネックの場合、一番
 低いXSサイズがちょうどいいと思い
 ます。
商品価格 10,297円  枕本体の「ふわふわ」手触りと柔らかさ
送料 無料  がとっても心地よく、首筋にフィット
素材 特殊ウレタン  します。ただし、気温変化により多少
サイズ 54cm×32cm×8cm  硬くなることがあります。
返金保証 なし
耐久性
洗濯 カバーのみ可
製造国 デンマーク製

 

 

こんなキモチのいい朝を迎えられたら・・・
それには、まず自分に合った枕をきちんと選ぶことから!

寝起き

 

ストレートネックの方が枕選びに注意するポイントはたったの3つ!
この3つのバランスが取れた枕選びをすることが、快適な朝を迎えるための
第一歩です!

 

枕選びのポイント

 

実際に試した結果、ストレートネックの方向けに厳選した枕を紹介しますので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめランキング1位 お医者さんのぐっすりまくらの詳細はこちら>>

 

おすすめランキング2位 六角脳枕の詳細はこちら>>

 

おすすめランキング3位 テンピュールの詳細はこちら>>

 

ストレートネックと診断されてからというもの、
「枕選びに奮闘中」の私が今回紹介するのは、今話題の「六角脳枕」



フジテレビ 「めざましテレビ」
日本テレビ 「スッキリ」
NHK   「おはよう日本」

でも紹介されていて、ずっと気になっていた六角脳枕ですが、
30日間の全額返金保証付きキャンペーンということで遂に購入!

 

ということでさっそくですが、こんな感じで届きます。

六角脳枕

開けてみると、ネーミングどおりの六角形の少し変わった形。

六角脳枕

早速、寝心地のチェックを行ってみると、
一般的な枕よりも少し低い感じがしますが、ストレートネックの私には好都合。

 

というのは、ストレートネックは「前のめりに頚椎が曲がっている状態」なので
枕が高いと状態をさらに悪化させますが、
六角脳枕は、つくりが低めなのでアゴが上がり、頚椎を無理なく自然に
けん引しているのと同じ状態になります。

 

さらに、独自開発(低反発マイクロウェーブ)の素材を使用しているので、
首への圧迫感や負担は少なく、ストレートネックの方にはピッタリ。
また十分な面積もあり、サイドの凹凸が寝返りのうちやすさを助けてくれます。

 

ただし、体形・体格によっても個人差があるので、
まずは全額返金保証キャンペーン期間利用して一度試してみることを
おすすめします。

 

以前、テンピュールを使用していた私は、冬場になると硬くなる素材に
悩まされましたが、六角脳枕は季節による硬さの変化がなくなるよう
独自に開発したウレタン素材を使用しているそうです。
これなら、冬場も心配なしですね。

値段的には、少し気になる「六角脳枕」ですが、
品質・耐久性、それから「日本の気候特性」や「日本人の体格」により
合った研究がなされている国産品が日本人には合っている気がします。

 
 
枕比較

 

さらに万が一、合わない場合の全額返金保証も付いているので安心ですね。

 



 

 

 




 
名前から、興味を惹かれてしまう枕ですが、
ストレートネックで悩んでいる方にとって一番大切な
「首の自然なカーブを保つ」

ことを目的としているので、まさに打ってつけの枕です。

 

まず1つ目のポイントは、
仰向け時の首のカーブ(角度)です。

 

枕と首の付け根部分の高低差があり過ぎ、
さらに頭頂部がせり上がっているかたちの場合
下図のように前方へ曲がってしまいます。
悪い枕

 

お医者さんのぐっすりまくらの場合、
下図のように首の付け根部分をサポートするようなつくりと
「頭頂部」に向かって下がっているかたちなので、
自然なカーブを描きやすくなります。
良い枕

 

さらに次のポイントは寝返り時の首への負担(角度)です。
お医者さんのぐっすりまくらは、つぎのような構造になっています。
真ん中が柔らかく、両サイドが硬め。
他ではあまり見ませんよね。
これは、「寝返り時」にも首の角度を適切に保つための工夫なんです。
お医者さんのぐっすりまくら構造

 

ストレートネックの方は、低めの枕を使用している方が
とても多いと思います。
でもそれは、「仰向け時」の自然なカーブを目的とした
もので、「横向き時」にはどうでしょう?

 
肩幅がある分、少し低く感じてませんか?
これも首への負担、寝起き時の不快感につながります。

 

そこで下図のように、横向き時も適切な首の角度を保つための工夫
というのが、両サイドだけ「硬質ウレタン」を使用するつくりです。
横向き寝姿

 

何年もストレートネックに悩まされ続けてきた私にとって、
もっと早く出会いたかった枕です。

 

しかも、他の枕ではありえないことですが、
1年以内であれば、「使い続けた結果合わない」といった場合でも、
返品可能なんです。

 

品質に問題があった場合ではなくて、「自分には合わない」
という理由で返品が可能なんです。しかも1年もですよ。
個人差のある枕の場合、とってもありがたいサービスです。
ただし、返品保証は下の公式サイトから購入した場合に限るそうです。

 


 

 

 

テンピュールの枕はどれも高品質なのですが、
ミレニアムネックピロー・オリジナルネックピロー・
シンフォニーピロー・ソナタピローといったように
種類もサイズもたくさんあって、本当に迷ってしまいます。

 

じゃあ、ストレートネックの女性にとって、いったいどれが合うの?

 

実店舗で試してみました!
体格や体形によって、多少の差はあると思いますが、
私の場合、身長156cm、体重だいたい46kgくらいで
一番ピッタリときたのは
「ミレニアムネックピロー」の「XSサイズ」でした。

 


 
はじめに、シンフォニーピローとソナタピローを試したのですが、
一番小さいサイズを選択しても、女性でストレートネックの方には、
少々高いと感じました。

 

次にオリジナルネックピローを試したのですが、
低さは申し分なくて「イイ感じ」とも思ったのですが、
頭頂部に向けてせり上がるつくりになっていて、
前方に首が曲がってしまう感覚がありました。

 

結果、
・他に比べて低いつくりで、
・形状も首の自然なカーブを保てる。
・さらに両サイドに厚みがあって、寝返りを打ちやすくなっている

「ミレニアムネックピロー」が一番しっくりきました。

 

サイズは、女性なら一番低い「XS」がおススメです。
柔らかさで沈み込んだときの高さが約4cm~3cm。
これは、ストレートネックの女性にとっては最適な高さなんです。
実際に体感してみても、やっぱり”しっくり”ときます。

 

ただ、お値段がそこそこしますから、ちょっとでも安くということで、
実店舗の方には申し訳なかったのですが、さんざん試したにも関わらず
ネットで購入してしまいました。

 

ネットですと実店舗より、3割も安く購入できるので、
だんぜんおトクです!
正規価格  14,490円 → ネット価格 10,290円

 



 

 

枕といっても世の中にはたくさんの種類があります。
だからこそ、迷ってしまうのですが、そんな中から自分にあった
枕を選ぶポイントは大きく3つあります。

3つのポイント

 

1)枕が沈んだ状態での首の角度(枕の高さ)

  ストレートネックの方は、基本的には低めが良いとされています。
  それは、枕が高いと前向きに首が曲がり、ストレートネックの
  進行を促してしまうからです。
  起立して背筋を伸ばしている状態と同じ、自然なカーブを描く
  角度が好ましいと言えます。

  一般的に「枕が沈んだ状態」で女性は3cm弱、男性は4cmと
  言われています。
  ただし、敷布団の素材(沈み具合)によっても、理想の高さは変化します。

 

2)横向き状態での首の角度(枕の面積と凹凸)

  1に書いたとおり、仰向け状態での枕の高さは低めがいいのですが、
  同じ高さで横向きになった場合、首が落ちる状態になります。
  これも、首痛・首こりの原因になりますので、両サイドは高めに
  すると首の角度を適度に保てます。

  普通の人で一晩に20~30回寝返りを打つと言われています。
  この寝返りに十分対応できるよう肩幅以上の大きさが必要です。
  枕は、肩が少しかかるくらいの位置に乗せることが理想とされて
  いるので、それでも頭がはみ出さない程度の奥行きも必要です。

 

3)頚椎を圧迫しないかどうか(枕の硬さ・素材)

  圧迫を受けている部分は血流が悪くなり、朝起きたときの首痛や
  首こりの原因となります。
  硬すぎると直接、頚椎に圧力がかかるので適度な柔らかさが
  必要です。

  素材は、たくさん種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
  ポリエステル・そばがら・パイプストロー・低反発ウレタン・
  フェザー・ビーズ・ひのき等々。
  ここでは、紹介しきれないので別記事でおすすめ素材とともに
  それぞれのメリット・デメリットを紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

ストレートネックには枕あり?なし?

 

「ストレートネックに一番いいのは枕なしと聞くけど本当なの?」
お医者さまの中でも【枕なしをすすめる方】と【枕ありをすすめる方】
の両方に出会ったことがあります。

 

それにネットや本で色々と調べても、やっぱり
「枕なしがイイ」と「枕ありがイイ」の 意見がバラバラ。

 

「枕なし おススメ」の理由は?
 ●枕は首や肩の筋肉が引っ張られた緊張状態にしてしまい、
  首こりや肩こりの原因をつくる。
 ●枕の高さが頚椎のカーブをきつくしてしまうため、
  ストレートネックを助長する。

 

「枕あり おススメ」の理由は?
 ●枕がないと横向きで寝た場合に肩幅の分だけ首が曲がり、
  負担となる。
 ●枕がないと頚椎が安定せず、首こり・肩こりの原因となる。
 ●寝転んだときに自然と頭の下に手がいくように、少々の高さが
  あった方が首が楽。

 

ん~、どちらも間違っていないような・・・
結論としては実際に試してみるのが一番!というこで

 

まずはお金のかからない 「枕なし」 で2、3日試してみて、
もし寝心地が悪ければ、なるべく枕に戻してみようと思いました。

 

1日目・・・
慣れないせいか、寝つきが悪い。
少し時間が経つと、後頭部にやや圧迫感があり中々しっくりとこない。
寝起き時には、ヒドイ首こりと肩こりがっ!

 

2日目・・・
やっぱり、寝つきがよくない。
寝返りをうって、横向きになったときに肩幅の分だけ首の角度が
曲がって寝苦しい。
寝起き時にも、変わらず首と肩に痛みがあり。

 

それから2日ほど続けたけど、状況が変わらないので
あえなく断念。。。
私の場合は、やはり枕がないとダメみたいでした。

 

結局、「枕なし派」の意見も取り入れつつ私がたどり着いた答えは、
首に負担をかけない「低い枕」。
これに変えてから以前に比べると格段に楽になり、それからというもの
より良い「低い枕」を探し求めて、今のイチオシはこちらです。

 

私のおススメの枕ランキングはこちら >>

 

 

アバター

IT系企業に勤務の36歳主婦。首のこりがヒドくて病院に行ってみたら、ストレートネック!?ですねって、湿布を渡されただけ・・・。

首こりの症状は悪化するばかり。こうなったら、自分で調査!!