改善の記事

ストレートネックには枕あり?なし?

 

「ストレートネックに一番いいのは枕なしと聞くけど本当なの?」
お医者さまの中でも【枕なしをすすめる方】と【枕ありをすすめる方】
の両方に出会ったことがあります。

 

それにネットや本で色々と調べても、やっぱり
「枕なしがイイ」と「枕ありがイイ」の 意見がバラバラ。

 

「枕なし おススメ」の理由は?
 ●枕は首や肩の筋肉が引っ張られた緊張状態にしてしまい、
  首こりや肩こりの原因をつくる。
 ●枕の高さが頚椎のカーブをきつくしてしまうため、
  ストレートネックを助長する。

 

「枕あり おススメ」の理由は?
 ●枕がないと横向きで寝た場合に肩幅の分だけ首が曲がり、
  負担となる。
 ●枕がないと頚椎が安定せず、首こり・肩こりの原因となる。
 ●寝転んだときに自然と頭の下に手がいくように、少々の高さが
  あった方が首が楽。

 

ん~、どちらも間違っていないような・・・
結論としては実際に試してみるのが一番!というこで

 

まずはお金のかからない 「枕なし」 で2、3日試してみて、
もし寝心地が悪ければ、なるべく枕に戻してみようと思いました。

 

1日目・・・
慣れないせいか、寝つきが悪い。
少し時間が経つと、後頭部にやや圧迫感があり中々しっくりとこない。
寝起き時には、ヒドイ首こりと肩こりがっ!

 

2日目・・・
やっぱり、寝つきがよくない。
寝返りをうって、横向きになったときに肩幅の分だけ首の角度が
曲がって寝苦しい。
寝起き時にも、変わらず首と肩に痛みがあり。

 

それから2日ほど続けたけど、状況が変わらないので
あえなく断念。。。
私の場合は、やはり枕がないとダメみたいでした。

 

結局、「枕なし派」の意見も取り入れつつ私がたどり着いた答えは、
首に負担をかけない「低い枕」。
これに変えてから以前に比べると格段に楽になり、それからというもの
より良い「低い枕」を探し求めて、今のイチオシはこちらです。

 

私のおススメの枕ランキングはこちら >>

 

 

毎日続く、首こり・首痛って本当に憂鬱ですよね。
しかも、ストレートネックが原因の場合、寝て起きれば治るものでもなく、
ホント毎日が苦痛です。

それで、ついついマッサージやエステに頼ってしまいがちですが、
それだと根本的な解決にはならないんですよね。
いずれまた同じ苦痛がやってきて、その繰返し。

ストレートネックは、日々の習慣(姿勢の悪さ等)から生まれるもの
なので、やっぱり習慣は習慣で治すことが一番だそうです。

そこで、医師から教わった家庭で出来るストレートネック解消法
をいくつか紹介したいと思います。

 

首そらし運動(1日に何度でもOK)
頚椎を本来ある角度に戻すように癖をつけるためのもので、
これを休憩時間等に繰返し行うことで、十分効果があるそうです。
カンタンなので、意識して何度も繰返し行ってみてください。

1.正しい姿勢をとって、アゴを引きます。
2.その状態のまま、アゴに手を添えて首を後ろにそらします。
3.最後に天井を見上げるように、顔を上げます。

 

カンタン脱力エクササイズ(1日に1回)
頭と首の関節を緩ませ、筋肉や神経の圧迫を軽減させることで、
血行をよくし、首や肩が軽くなります。
ただし、首はデリケートな部分なので、やりすぎはダメだそうです。

1.テニスボールを2個用意してください。
 (テニスボールの硬さがポイント。)
2.テニスボール2個をビニール袋等に入れ、あまり動かないようにします。
3.下図のようにフローリング等の硬い床にあおむけになり、
  ボールの上に頭を乗せます。
4.この状態を3分程度続けます。

エクササイズ

 

せっかく、エクササイズで軽くなった首のこりも「数時間もの睡眠中」
血行の悪くなる姿勢をとったら意味が無いので、キモチいい朝を迎えられる
枕を使いたいですね。

おススメの枕ランキングはこちらから >>

 
 

アバター

IT系企業に勤務の36歳主婦。首のこりがヒドくて病院に行ってみたら、ストレートネック!?ですねって、湿布を渡されただけ・・・。

首こりの症状は悪化するばかり。こうなったら、自分で調査!!