お医者さんのぐっすりまくらの記事




 
名前から、興味を惹かれてしまう枕ですが、
ストレートネックで悩んでいる方にとって一番大切な
「首の自然なカーブを保つ」

ことを目的としているので、まさに打ってつけの枕です。

 

まず1つ目のポイントは、
仰向け時の首のカーブ(角度)です。

 

枕と首の付け根部分の高低差があり過ぎ、
さらに頭頂部がせり上がっているかたちの場合
下図のように前方へ曲がってしまいます。
悪い枕

 

お医者さんのぐっすりまくらの場合、
下図のように首の付け根部分をサポートするようなつくりと
「頭頂部」に向かって下がっているかたちなので、
自然なカーブを描きやすくなります。
良い枕

 

さらに次のポイントは寝返り時の首への負担(角度)です。
お医者さんのぐっすりまくらは、つぎのような構造になっています。
真ん中が柔らかく、両サイドが硬め。
他ではあまり見ませんよね。
これは、「寝返り時」にも首の角度を適切に保つための工夫なんです。
お医者さんのぐっすりまくら構造

 

ストレートネックの方は、低めの枕を使用している方が
とても多いと思います。
でもそれは、「仰向け時」の自然なカーブを目的とした
もので、「横向き時」にはどうでしょう?

 
肩幅がある分、少し低く感じてませんか?
これも首への負担、寝起き時の不快感につながります。

 

そこで下図のように、横向き時も適切な首の角度を保つための工夫
というのが、両サイドだけ「硬質ウレタン」を使用するつくりです。
横向き寝姿

 

何年もストレートネックに悩まされ続けてきた私にとって、
もっと早く出会いたかった枕です。

 

しかも、他の枕ではありえないことですが、
1年以内であれば、「使い続けた結果合わない」といった場合でも、
返品可能なんです。

 

品質に問題があった場合ではなくて、「自分には合わない」
という理由で返品が可能なんです。しかも1年もですよ。
個人差のある枕の場合、とってもありがたいサービスです。
ただし、返品保証は下の公式サイトから購入した場合に限るそうです。

 


 

 

 

アバター

IT系企業に勤務の36歳主婦。首のこりがヒドくて病院に行ってみたら、ストレートネック!?ですねって、湿布を渡されただけ・・・。

首こりの症状は悪化するばかり。こうなったら、自分で調査!!